沼津,就業規則,社内規定,作成,変更,見直し,富士市,服務規程,採用,労働時間,休日,休暇,解雇,懲戒,休職,振替休日,代休

ホーム  > 就業規則作成、見直し
ここをクリック

就業規則で情報漏洩対策できていますか?


情報管理リスクチェックポイント・・・こちらをクリック

機密情報管理規程の作成・・・こちらをクリック


当事務所のセキュリティ対応就業規則、ここが違う!

「従業員が仕事の都合でデータを持ち帰り、誤って漏洩した」

「従業員が機密情報をFacebookに書き込んだ」

情報漏洩の原因は一見従業員の行動にあるように見えますが、会社の管理不足があった場合、民法715条(使用者責任)により会社が責任を問われ損害賠償の対象になることも考えられます。

情報漏洩への対策を行っていますか?

会社でパソコンを使って重要なデータを扱う以上、パソコンに関する取り決めは必須です。




当事務所は他の社労士にはないIT業界(ソフトウェア開発)の経験があります。
IT時代ならではITリスク対応就業規則を作成します!


また、ソフトウェアハウス向けの就業規則も、その業務の特殊性から

など、経験した人間でなくては実態に即したものは作成できません。
常駐業務や請負契約など業界の内情に精通した社労士だから出来る就業規則を提供します!



就業規則サポートの実例

<見直し前>

<当事務所のサポート>


IT時代の就業規則

さらに、今の時代は

ここまでの対策がないと、情報漏洩に対する責任を従業員に問えません。

古い内容の規程会社の実情に見合わない規程など、従業員の要求に反論できない内容の就業規則は危険です。

会社を守るためにも見直しが必要です!

労働トラブルについて詳しくはこちら



就業規則作成・見直し、こんな時にお声をかけてください



ITリスク非対応就業規則に潜む危険


これまでの就業規則ではこうしたIT時代の労務管理に対応できません!


※情報漏洩の問題点とは?
  顧客情報が流出し、莫大な損害賠償請求が行われ、社会的な信用もなくなってしまいます。

※ライセンス違反の問題点とは?
  パソコンソフトには使用するためのライセンス(権利)がありますが、企業向けのもの以外の多くは
  パソコン一台に限りインストールが認められています。
  (最近は2台までインストール可能なものも増えてきましたが)
  違反(2台以上にインストール)するとライセンス違反として提訴される事例もあります。



就業規則サービスの流れ


STEP1
STEP2
STEP3
STEP4
現状分析
問題点の確認
盛り込む内容の確認 作成を進めながら内容について打ち合わせ等で細かな修正 納品
(監督署への
提出含む)

トラブルに対応できないような「雛形規則」にはない、オリジナルの就業規則を作成します!


まず第一に、会社を守るための就業規則!
そして次に、会社を活性化するための就業規則!

そんな就業規則を作成します。

就業規則を作るだけではなく、見直す際にも是非ご活用ください!
現在の就業規則の診断から見直しポイントまでサポートします。



就業規則 現状診断

現状分析のみ 一規程につき 5,000円

  ※消費税抜きの金額です。
  ※引き続き就業規則作成・見直しサービスをお申込みされたお客様は、診断料金無料となります。
   (就業規則作成・見直し料金に含む形になります)

当事務所では丁寧な現状診断を行うために、あえて有料にしております。
診断後は現状の問題点などをまとめた報告書をお作りしてご説明差し上げますので、見直しの際の参考にしていただくことが出来ます。


就業規則 対応ポイント就業規則
対応ポイントへ


就業規則 作成

就業規則作成 100,000円〜

※消費税抜きの金額です。
※別規程を追加で作業する場合、一規程につき50,000円〜

含まれるサービス


就業規則 対応ポイント就業規則
対応ポイントへ


就業規則 変更

就業規則変更 30,000円〜

※消費税抜きの金額です。変更量により変動します。

含まれるサービス


就業規則 対応ポイント就業規則
対応ポイントへ


関連ページと関連サイト


関連ページ
労務管理
リスク診断
人事制度を
見直す

関連サイト
事業の
ITサポート