年金,定期便,年金加入記録のお知らせ

ホーム  > 最近の話題  > 特別便と定期便

特別便と定期便

2007年12月から「ねんきん特別便」発送が行われ、2008年10月までに国民年金、厚生年金のような年金制度に加入したことがある全ての方に送付が行われました。

2009年4月からは「ねんきん定期便」発送がスタートしました。
今後は毎年誕生月に送付されます。

しかし、まだ「ねんきん特別便」の手続をされていないケースが数多くあり、
加入記録が直っていない方もいらっしゃいます。


2008年1月より社会保険事務所にて年金特別アドバイザーとしてねんきん特別便の対応業務を行っている経験から、いくつかのポイントをまとめます。



特別便の重要度

ねんきん特別便には重要度があるのをご存知ですか?
封筒の色によって見分けることが出来ます。


ねんきん特別便の封筒色と内容

封筒の色 内容
青色 氏名、生年月日に関して一致、または近い情報が見つかった
緑色 氏名、生年月日に関しては他に情報がなかった
黄色 氏名、生年月日に関して一致、または近い情報が見つかった
茶色 ※共済組合の加入記録に関して
氏名、生年月日に関して一致、または近い情報が見つかった
肌色 (古い記録に関して)
氏名、生年月日に関して一致、または近い情報が見つかった

なお、特別便作成にあたっては氏名生年月日完全一致だけではなく、”名前の読み間違え”や”1日違いの生年月日”など近い情報までも検索の対象としたため、青色の封筒の特別便が送られても見つかった記録が別人のものである可能性はあります。

一方で緑色の封筒で届いたからといって、他に情報が絶対無いというわけではありません。結婚前の”旧姓記録”などは名前が別人であるため、社会保険庁では推測不可能でご本人からの申し出がないと別人扱いされたままになってしまいます

特別便が青色の封筒で届いた方は特に注意が必要です!



定期便のポイント

これから毎年届く「ねんきん定期便」にも封筒の色によってポイントがあります。


ねんきん定期便の封筒色と概要
封筒の色 概要
水色 特に漏れているような情報はないと思われるので
年金加入記録や国民年金の納付状況を確認する
オレンジ色 年金加入記録、若しくは標準報酬の記録に関して
確認すべき点がある

なお、特別便と同じく、氏名生年月日完全一致だけではなく、”名前の読み間違え”や”1日違いの生年月日”など近い情報までも検索の対象としたことや、業績悪化により給料が下がった場合もあるため、オレンジ色の封筒の定期便が必ずしも誤りがあるとは限りません。

一方で水色の封筒で届いたからといって、他に情報が絶対無いというわけではありません。特別便と同様に結婚前の”旧姓記録”などは名前が別人であるため、社会保険庁では推測不可能でご本人からの申し出がないと別人扱いされたままになってしまいます

定期便がオレンジ色の封筒で届いた方は記録を確認してください!



よくある質問

Q: 特別便、定期便が届いたということは記録に問題がある?
A:問題ないと思われる方も含めて送っているので
    必ずしも間違いがあるとは言い切れません。


Q: 問題なければ返事の必要はないか?
A:特別便は問題のあるなしに関わらず必ず返事を出してください。
    出さないと催促のハガキが届きます。
    定期便は問題のある場合に返事を出してください。


Q: 過去の国民年金の記録がない
A:昭和61年4月1日前は国民年金は任意加入の制度でした。
    よって加入していないことも考えられます。


Q: ずっと扶養だったのに国民年金の記録がない
A:いわゆる第3号被保険者という制度は昭和61年4月1日以降のものです。
    それ以前には第3号被保険者制度はありません。


Q: 扶養の期間が国民年金と記載されている
A:第3号被保険者という制度は”国民年金”の第3号被保険者となります。
    厚生年金として記載されたり、ご主人の会社名が記載されるわけでは
    ありません。


Q: 特別便、定期便が届かない
A:登録されている住所が古いままになっていることが考えられます。
    住民票を移しただけでは登録は変わりません。
    別途、届出が必要です。
    扶養されている方の場合は配偶者の勤務先からの届出が必要です。


Q: 特別便で返事を出していないから定期便が届いたのか?
A:そうではありません。定期便は新しい取り組みとして今後誕生月に届きます。