沼津,年金,在職老齢年金,定年,高齢者,継続雇用,定年延長,高年齢雇用継続給付,厚生年金,もらいながら働く

ホーム  > 会社が抱えるリスク  > 年金・高齢者雇用

働きながら年金をもらうためには・・・


年金に関する事例とポイント

働きながら年金をもらうことのカギは厚生年金に加入するかどうかです。
厚生年金に入らずに働くことが出来れば、年金との調整はなくなります。
厚生年金に入ったまま働く場合でも、給料の金額によっては一部支給される場合があります。


会社で厚生年金に入っている皆様は最大70歳までです。
(参考:国民年金は60歳までです。)


生年月日によってもらい始める年齢は違います。
年金額については年金事務所で確認できます。
※「ねんきん定期便」の金額は”これから先の納付”が考慮されているので不確定な数字です!


65歳前からもらえる年金は遅らせても割増しされません!
それどころか、時効でもらえなくなることもありますので注意が必要です!


65歳前の場合は、両方をもらうことは出来ず、失業手当をもらうと年金がストップします。


配偶者の勤め先を経由して届出が必要です。
転勤などで引っ越された場合にも住所変更の届出に注意が必要です。


60歳過ぎの社長様や奥様にとって、厚生年金に入り続ける場合と抜けた場合にどちらが得か?ということは一つの大きな悩みです。

そのためには「かかる保険料」と「かけたことでもらえる年金額」の計算はもちろんですが、ご夫婦だからこそ考えるべき点もあります。
かけ続けることが必ずしも得とは限りません!


高年齢雇用継続給付をうまく使えば、給料を減らしてもご本人の手取りの減額をカバーすることもできます。
会社もご本人も喜ぶ方法で働き続けることも可能です。




年金リスク
  定年を迎えた。でもそのまま・・・

定年を迎えた従業員をそのままの労働条件で雇用していませんか?

年金をもらえるようになった従業員の労働条件見直しは、

両方のメリットが得られるチャンスです!



年金ポイント1
  年金をもらいながら働く

年金をもらいながら働くには厚生年金に加入するかどうかがポイントです。
では「厚生年金に加入しない」とはどういうことでしょう?

「会社を辞めなくてはならない」と考える社長さんもいらっしゃいますが、必ずしもそうとは限りません。

厚生年金への加入のカギは労働時間です!
ただし、パート従業員やアルバイト従業員が「正社員より短い勤務時間だから」と厚生年金に加入しないのは間違いで、一定の判断基準があります。



年金ポイント2
  社長と奥様の厚生年金

社長が年金をもらう年齢になった時に多い悩みは以下のようなものです。

回答は社長の給料などによっても様々ですが、多くの場合は社長が年金をもらう年齢になったら奥様も含めて厚生年金の加入を考え直す時期です。

厚生年金に入り続けることは一見するとお得のようですが、長い目で見た場合に損になることもあります!



お問い合わせ・ご相談




関連ページと関連サイト


関連ページ
年金
活用サポート
人事制度を
見直す
「分かりやすい」
セミナー

関連サイト
事業の
ITサポート