社会保険労務士,社労士,メリット,業務,社会保険手続き,人事労務管理,コンサルティング,労働基準法

ホーム  > 社会保険労務士を使うメリット  > 社会保険労務士とは?

社会保険労務士(社労士)とは?

入社から退職までに必要となる手続きや職場トラブルに関する相談、年金の相談など
経営者や労働者だけではなく、その家族も含めて、子供の誕生から老後の年金まで、「ヒト」の一生を支える専門家として活動しています。



社労士と契約するメリット


私はこんなご提案をしています!(クリックしてください)


社労士の仕事とは?


労働社会保険手続きの代行(1号業務)(2号業務)

厚生年金や健康保険、雇用保険、労災保険など会社が行う手続きのお手伝いをします。

※これらの業務は社労士の独占業務です
    社労士以外の人が報酬を得て行うことは出来ません。


人事労務管理コンサルティング

職場のトラブルを未然に防止し、労働者の皆さんが「いきいきと職場で働く」ことのできる職場環境づくりをお手伝いします。


年金相談

年金の手続きの方法について相談にのります。また、手続きのお手伝いをします。



国家資格の有資格者です

社会保険労務士は1968年に設けられた国家資格です。

毎年一回開催される試験に合格し、実務経験または実務経験相当の研修を経た人のみが『社会保険労務士(社労士)』を名乗ることが出来ます。

弁護士、税理士などと同じ”士業”と呼ばれます。



専門は?

一言で表現するなら人事・労務に関する法律の専門家です。
扱う主な法律は、以下のとおりです。


<労働に関するもの>

<社会保険に関するもの>

このほかにも、以下のような法律の専門家です。